<まずは鉛筆や木炭などで、簡単にスケッチすることから始めてみませんか?>

◆絵画教室の内容

 絵画教室では、デッサン、クロッキー、水彩、油絵、アクリル、パステル、木版、シルクスクリーンなど、幅広い技法や画材を学ぶことができ、自分に合った材料や表現スタイルを見つけることができます(※木版・シルクスクリーンなどの版画教室の受講料は写真教室に準じます)。
 初心者の方は、鉛筆や木炭などの簡単な画材を使って、モチーフ(題材)を見ながらスケッチするところからスタートします。最初にデッサンの基本的な理論を学び、どのような意識を持って描いたらいいのかという"デッサンのコツ"をお話します。全くの未経験でも、道具の使い方からご説明いたします。同時に、短時間(数分)で一発描きする"クロッキー"という練習法で、生きた線ですばやく対象を捉える力を養います。このような練習にある程度慣れたところで、色彩のある画材へとステップアップしていきます。
 初めて絵の具を使うときには、初歩的な色彩学や実践的な混色の仕方について学びます。水彩・油彩・アクリルなどお好きな画材を選択し、それぞれの画材の性質をよく理解して特有の技法を学んで行きます。ただし、一人一人の適正やご希望に応じて課題の内容や進むペースは変わってきます。いきなり水彩や油絵から始めることも可能です。

※詳細なカリキュラムはこちらをご覧下さい カリキュラム表

<本格的な透明水彩や油絵の技法が学べます>

<シルクスクリーンの授業と野外実習>

ご見学のお申し込みはこちらから